今年に入って早くも1か月が経ちますね。
年末年始にゆっくりできた方はだいぶスムーズに身体も気持ちも動くようになったのではないでしょうか?
インフルエンザも流行っておりますので体調に気を付けてお過ごしください。

年始に今年こそは貯蓄をしっかり出来るようになりたい!と思った方は家計簿をしっかりつけることも大切ですが、家計をしっかり管理をする習慣を付けましょう。

新年はまずは家計簿の見直しから!

家計簿は現在の収入と支出などを把握するためのものですが、お金が必要になるタイミングまでどのくらいの期間があり、余裕をもって準備が出来るのかどうか?も把握していないと準備が出来なかったときにローンを組む必要も出てきてしまいます。
ローンは返済が必要になる為、結局は家計から出ていくお金の先送りにとなります。月々の返済金額は少しずつでも全体で見れば本来必要な額よりも利息の額分が多く家計から出ていくお金となりますし、色々なイベントの度にローンを組んでしまうと返済額が増えて生活に余裕がなくなる場合もあります。生活の余裕がなくなると気持ちの余裕までなくなってしまいますので出来るだけ前もって貯蓄をして計画的に準備を出来るようにしましょう。

貯蓄を計画的にするにはまずどのタイミングで、何に、いくらかかるのか?を書き出してみましょう。希望がハッキリすると行動もしやすくなりますし、続けやすくなります。
下記のライフイベント表は計画的に貯蓄が出来ない場合に家族の希望の優先順位を確認する場合にも役に立ちます。

<ライフイベント表の例>

家族構成(年齢) イベント 必要な金額 備考
2019 35 32 2
2020 36 33 3 七五三・車の購入 七五三 5万円 車ローン購入予定
2021 37 34 4 幼稚園入園 入園料5万円
2022 38 35 5 七五三 七五三 5万円
2023 39 36 6 旅行費用 10万円
2024 40 37 7 住宅購入
小学校入学
住宅購入頭金200万
入学費用8万円
住宅ローン開始
2025 41 38 8 習い事開始 月々5千円
2026 42 39 9 旅行費用 10万円
2027 43 40 10 妻パート開始

・予定がハッキリしていない場合でも一度家族の希望をまとめて20年分程度書き出すことをお勧めします。(予定がハッキリした時や変更になった時は書き直しましょう)

家計のバランスシートで資産と負債のバランスを確認

家計簿で収入と支出の把握ができている場合は家計の資産と負債のバランスを確認することにも挑戦してみましょう。
今現在、家計簿でやりくりできている状況でもローンが多いと不安になってしまいます。
万が一家計の状況に変化があった場合でも大丈夫なのか?も把握をしておきましょう。

資産 金額 負債 金額
現金   万円 負債   万円
普通預金   万円 自動車ローン残金   万円
定期預金   万円 カードローン残金   万円
貯蓄型の保険(解約返戻金・満期保険金)   万円 教育ローン残金   万円
株式   万円 奨学金残金   万円
債権   万円 その他   万円
投資信託   万円   万円
その他投資商品   万円   万円
住宅(現在の市場価格)   万円   万円
その他   万円   万円
資産合計 万円 負債合計 万円

資産の合計-負債の合計=家計の純資産となります。
この純資産の額に余裕がある場合は問題ありませんが、プラスでも金額が小さい場合やマイナスになってしまう場合は早めに家計の見直しをして金利の高い負債から減らしていきましょう。
短い期間で何度も計算する必要はありませんが定期的に確認することで家計の体力が分かり、三日坊主になってしまう家計の管理も続きやすくなると思います。

<関連記事>
新年からはじめる簡単家計の見直しのコツ
https://ligare-fp.com/info/lifeplan-20170110

家計のご相談もファイナンシャルプランナーにお任せください。

リガーレではお客様が安心して相談していただける様、初回は無料にてご相談を承っております。もちろん無料相談の60分で解決する場合もありますが、引き続き相談したいといった方へは有料のサービスもご案内させていただきます。
有料サービスへ移行する場合も、サービスの詳細・料金についてもしっかりご説明し、納得いただける方にご契約をいただいておりますのでまずはお気軽にご相談ください。

無料相談の流れはこちら